直感型Vaperのレポート

専門用語は他力本願、とにかく直感で電子タバコ道を往く。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Pioneer4you「iPV D2」レビュー  



ついに念願の温度管理対応MOD(本体)購入!

正式名称は「iPV D2 75W Temp Control Mod」だが、
このブログでは割愛して「iPV D2」と呼ぶ。
また会社名は「IPV Technology」だが、「Pioneer4you」と呼ぶことが多いらしい。
説明書にも「Pioneer4you」って書いてあった。

なお購入は「Nexmoke」様から。素早い発送に感謝!
 



ご対面。ビニールに包まれたうえ、その下はシリコンカバー。
なお外箱には緩衝材の袋がかかっていた。キズが入らないよう念入りな梱包だ。
「IPV Technology」様、「Nexmoke」様両方に感謝。




シリコンカバーはそのまま使えるのだが、今回はあえて外す。
この「Nexmoke」店長さん特製のツートンカラー! かっこいい!
本来は銀のみか黒のみだが、「Nexmoke」様ならツートンカラーが買える。




きちんとサブタンク用の温度管理対応コイルも買っておいた。
先日レビューした希釈済みの「Tropwen」もスタンバイ済みである。




装着!
SUBTANKの既製コイルは、
最初は内部のコットンがリキッドと馴染むまで約30分待つ必要がある。
というわけで、待っている間にお勉強。




読めん!! (学生時代、英語は2~3。赤点ギリである)
仕方がないのでレビューサイトを読んだり義兄に聞いたりする。

…なるほど。
メインボタン5回押しでシステムオフや各種(温度や表示など)の設定。
メインボタンとプラスボタン同時押しで誤作動防止ロック。
コイルを変えたときはプラスとマイナスのボタンを同時長押しで読み込ませる。

…普通の機種とは少々勝手が違うが、慣れだろう。
何気に日本人に馴染み深いセ氏(℃)で計算しているだろうことも嬉しい
(大抵の温度管理機は華氏(F/ファーレンハイト)で計算する。
 いっそみんなセ氏(℃)かケルビン(K)にすればいいのに)。


というわけで早速吸ってみた。

温度設定は低めの200℃、出力は15.0J。
吸い込みが重かったのでエアフローを最大にし、いざ試飲!

ほどよく冷えた水のようで美味い!
ちなみにレビュー時に使った通常仕様だと若干高温でミントの甘さが出たが、
これも設定温度を上げることで再現が可能。温度管理素晴らしいな…!


SUBTANK Miniはリキッドレビュー用にKBOXと合わせることが多いので、
温度管理用のタンク式アトマイザーが一機欲しいところ…。

なお手持ちのドリッパー式はいずれ温度管理に対応させようと思っている。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/12/06 Sun. 12:02 [edit]

category: 機器レビュー

tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

絆(Vaperリンク)

検索フォーム

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。