直感型Vaperのレポート

専門用語は他力本願、とにかく直感で電子タバコ道を往く。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

専門用語が苦手な理由。  

説明文や簡易プロフィールにも書いてあるとおり、
私はとことん専門用語が苦手である。

折角なのでその理由もネタにしてみようと思う。
 
 
私が専門用語を苦手とする最大の理由は、
「○○って何?」 と聞かれたとき、即座に要点だけ説明できる自信がないからである。
その場で要点を絞れず、結局1から10まで喋るか現物を見せるかになるのだ。

そしてもう一つ、私が嫌いなタイプの人間に、
「これからザギンでシースーしない? え、わかんない? あ、キミ初心者だったっけ~」
などと熟練者気取りの得意げな顔(ドヤ顔?)で言うような者が含まれているのもある。

幸い、今まで出会った電子タバコ愛好家の皆様にそのような方は見かけず、
むしろ親切に説明までしていただけるありがたさに温もりを感じる毎日である。
Twitterを始めた途端、凄い勢いで群がられた時はちょっとだけ怖かったけど。


アトマイザーやドリップチップなど、それ自体がパーツ名称であるものは致し方ない。
ドリップチップはまだ「吸い口」と呼べるが、アトマイザーは実物見せたほうが早いレベル。
こういうものに関してはブログ上では正式名称で書こうと心がけている。

また、同じ界隈の人同士が会話で用語・略語を使う姿は全然気にならない。
略称をお互いに知っていればそれだけ会話やタイピングが楽になるのも事実。
私もTwitter上では「ドリチ(ドリップチップ略称)」「アトマ(アトマイザー略称)」などは使う。

また、今の私くらいの初心者の方がこのブログを見ても安心して読めるよう、
あえてブログ内での専門用語の使用は最小限にとどめている。
…ディスコンとかって普通に「絶版品」でよくないか?


おまけとして付け加えると、多重人格者になる前から英語が苦手なのも略語嫌いの一因。
「…RTA?('A`)」となる。たとえ意味を知っていたとしても。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/09/02 Wed. 22:38 [edit]

category: 自己紹介・身の上

tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

絆(Vaperリンク)

検索フォーム

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。