直感型Vaperのレポート

専門用語は他力本願、とにかく直感で電子タバコ道を往く。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

WOTOFO「Freak Show Mini」レビュー  

VAPE CHK様でフレーバー(左上)を買う際、
一目惚れしてつい注文してしまったドリッパー、「Freak Show Mini」。



注文が10/30、届いたのは10/31だったが、到着遅延のことを考えてか
11月から配られるはずだったオマケをちょっとだけ先行入手。
右上にあるティッシュとペンのようなもの(=リキッドを入れるボトル)がそれ。
ドクロのロゴは引っこ抜くとステッカーになっている。
 

実際に初使用したのは11/2深夜、つまり昨日というか今日未明である。
深夜2時前に製作始めるとか昨晩の私何考えてたんだ。



開封してご対面。
ちょっとピンボケてしまったが、煙を吐いているドクロ様が超イカス。



内部構造。専用の六角レンチを使わないといけないのがちょっと面倒くさい。



失敗と試行錯誤を繰り返し、約1時間かけてセッティング。1.0Ω前後。
昨日の私ほんと何考えてたんだ。 もう当分作り直したくない…。
(自作コイルはコットンを外して空焚きすると汚れが浮き、何回か繰り返し使える)



コットンを装着し、リキッドを充分含ませる。
今回は以前レビューした「Celestial Dawn」で試飲。



愛機に乗せてみた。ドリップチップはもう一つのお気に入りの、やや細めストレート。

リキッドメーカーの解説通りドリッパー向けで、
レモネードが前面に出つつも苺が後押しする感じで美味い!

…と、深夜テンションで何度も吸ってたら熱くなったので、
義兄が自分用に買った「クーリングフィン」なるものを装着してみる。



こいつは本体をコイルの熱から守るのがメインのシロモノ。
表面積を増やすことで溜まった熱を放出しやすくする…んだろうか。
Freak Shouの頭にもちょっとだけついてるな。

これをつけると連続で吸いやすくなってさらに加速
そして味に飽きたところで正気に戻った。
その後お片づけして寝る。この時点で午前4時前。バカか私。


冷静になってまとめ
 初ドリッパー、初デュアル(コイル2本式)で、まだまだ製作に慣れが必要だが、
 「コットンに含ませた分だけを炊いて吸う」ので、ちょっとだけ吸いたいときに便利。

 ちなみにコイル2本の利点はきめ細かな煙が出ることで、
 結果、喉に優しくなったり味が丸くなったりする模様。今回は1.0Ωだが、0.5Ωでもいけるかも。
 欠点はその分立ち上がりが遅くなることと、コイルの作り直しが超面倒くさいこと。
 前者はいい電池を使うことでほぼ解決するが、後者はもう慣れしかない。

 偶然か運命か、シングル(コイル1本式)のドリッパーもいただいてしまったので、
 そちらも近日レビューしてみたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/11/03 Tue. 23:01 [edit]

category: 機器レビュー

tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

絆(Vaperリンク)

検索フォーム

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。