直感型Vaperのレポート

専門用語は他力本願、とにかく直感で電子タバコ道を往く。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

RastaVapors「VANILLA CUSTARD」レビュー  

リキッド代節約のために買ってみた、ラスタの新作フレーバー。

Rasta バニラカスタード

フレーバーは自分好みにグリセリンで割って吸うものなので、
このシリーズだと10mlで700円なので、10倍希釈したとしてなんと100mlになる。
これがリキッドだと1mlあたり100円前後するので、自作できれば破格なのだ。

なおグリセリンは薬局で売っているケンエー製のもので、100mlあたり300円弱。
送料を計算に入れたとしてもなんと懐に優しいのか…。
 

基本情報
 - 名称:VANILLA CUSTARD(バニラカスタード)
 - 生産:RastaVapors(アメリカ) / VAPECHK(香港/日本)
 - 調合比率:ケンエーグリセリン5mlに10滴ドロップ

レビュー環境
 - 本体:KBOX Mini (Kanger Tech 製)
 - アトマイザー:SUBTANK Mini (Kanger Tech 製)
 - レビュー時の抵抗値:1.0Ω前後(手巻き)
 - エアフロー:中で固定

おめでとう!カタシロは低抵抗で吸うことを覚えた!
これによって何がどう変わるかは気が向いたら専用記事で解説するので、
とりあえず「使える出力の幅が広がる」と覚えていてくれれば大丈夫。


未開栓の時点でカスタードの香りがばしばしと。
1.0Ωだと9W~22Wが適正出力らしいので、いつも通り上から順に。

22W ~ 20W → 濃厚まったりカスタード。それ以上は熱くてわからない

19W → なんとか吸える熱さに。濃厚ながらさっぱりという不思議なカスタード。
18W → やっと見えてきた。吸う時は濃厚だけどあとに引かない甘さ。
17W → 舌の奥でカスタードの甘みを感じつつ、鼻に抜くときはほぼ無臭。
16W → ゆっくり口から鼻に通すと口の奥~鼻にまったりな甘み。
15W → ちょっと全体的に味が薄くなってきた
14W → そろそろ暖機運転してやらないと味が出ない。吐く直前~鼻で味と香り。
13W → 暖機運転しても味が薄くなってきた。たっぷり吸って鼻に抜くとどうにか香る。
12W → かすかに味がするだけ。香りはもうない。

11W~9W → ほぼグリセリンの味と香り

結論
 濃厚なのにあとに引きづらい、まったりと吸い続けられる味。
 「美味いバニラカスタードがあれば他に要らない」と言う人がいるのも納得。
 個人的には16Wくらいでのんびり吸っていたい。
 なお、吸っている側は気付きづらいが、続けて吸うと部屋中甘ったるくなる。

余談
 長めのドリップチップで吸うと、濃厚なのにさっぱりで、
 それでいて熱くないのでさらに吸い続けていられる。中毒性高し。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/10/31 Sat. 23:03 [edit]

category: リキッドレビュー

tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

絆(Vaperリンク)

検索フォーム

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。