直感型Vaperのレポート

専門用語は他力本願、とにかく直感で電子タバコ道を往く。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

NINJA WORKZ「Double Trip」レビュー  

NINJYA ダブルトリップ

The VAPE shop Hookahs」様の通販で
義兄のアトマイザーとリキッド1本を購入したところ、試供品をいただいた。

3mlだったので、「Goblin Mini」に入れて使用感も試させてもらうことに。
 

基本情報
 - 名称:Double Trip(ダブルトリップ)
 - 生産:NINJA WORKZ / Vape Shop Hookahs(日本)
 - PG/VG比 : PG 30 / VG 70

レビュー環境
 - 本体:KBOX Mini (Kanger Tech 製)
 - アトマイザー:Goblin Mini (UD 製)
 - レビュー時の抵抗値:0.9Ω相当(1.8Ω×2の手巻き)
 - エアフロー:自由調整型のためSUBTANK Miniの小と同程度で固定
 - ドリップチップ:SUBTANK Mini付属品


「コイルやリキッド供給用コットンの劣化が遅い」ということを売りにした、
Vape Shop Hookahs様オリジナルブランドのNINJA WORKZ。
「Double Trip」はカタログによるとカシス+ライム+メンソールらしい。
直で嗅ぐとピーチっぽい気がしたのだが、混ざり合ったせいだろうか…。

10W:ほぼメンソ、かすかにライム。
9W:メンソール感そのまま、ライムとカシスが出てくる。
8W:メンソールが薄れ、カシスが相対的に立ってくる。薄い
7W:カシスとライムに弱メンソール。どれも薄い

普段より抵抗値が低いので、上げられるだけ上げてもみた
(抵抗値が低い場合、出力を上げないと本来の味が出ない場合がある)。

11W:メンソールと同時、途端に立ち上がりだすカシスとライム。
12W:吸うときはカシス、鼻に抜くとライム。メンソールが心地いい。
13W:カシス甘い、ライムとメンソさっぱり。そろそろ強メンソール感。
14W:もうメンソールしか感じなくなってきた、ストップ (´д` )

結論:
この環境だと個人的ベストは12W。
SUBTANK mini付属のドリップチップを使ったので14Wでメンソール以外の味が飛んだ模様。
細いドリップチップだと14Wでも味は残るが、
出力上昇に伴いメンソールの主張が強くなるのでやはり負けてしまう。

なお、Goblin Mini付属ドリップチップだと
14Wの時点でもメンソールの主張か少なくカシスやライムの味を感じるが、
咥えづらいうえ煙が熱いので一長一短。

ちなみにこのリキッド、試供品として少量送られてきたものなので、
ロスもあっただろうが、比較的吸いやすい味で、わずか数時間で吸い切ってしまった。


余談だが、Goblin Miniはその構造上、高抵抗設定が非常にしづらい
(できなくはないがかなりの慣れを要する模様。普通に作ると1Ω前後が限界のようだ)。
先駆者さま方のレビュー通り味は確かに出るが、そのためには普段より高い出力を要求され、
またアトマイザーの全長が短いのもあって、高温の煙が普段より多く入ってくる。

喉や気管支をやられている身として、この特性は非常につらい。
SUBTANK Miniは煙寄りといえ、やはり万能選手なのだなとしみじみ実感した。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/10/06 Tue. 03:25 [edit]

category: リキッドレビュー

tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

絆(Vaperリンク)

検索フォーム

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。