直感型Vaperのレポート

専門用語は他力本願、とにかく直感で電子タバコ道を往く。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

多重人格Vaperも楽しい。  

ブログ上およびTwitter上でもよく言っているが、
私はとある共存型の多重人格者の副人格なのである。

とはいえ、信じる信じないは個人の自由なので
信じられなくてもあまりに気にしていないし、
何よりこの界隈には「多重人格?電子タバコが好きなら関係ないぜ!」
という非常に寛大な方々が多いようで嬉しく思う。

今日は 特にネタもないので そんな素敵な先住民の方々に、
「共存型多重人格者が電子タバコを愛好していて面白いと感じたこと」を伝えたい。

「こんな愛煙者もいるんだな」と笑っていただければ幸い。
 

何より一番面白いのは、電子タバコに限らず味の好みが違うこと。 
体は同一にも関わらず、人格が違えば好みも違う。

例えば私(カタシロ)は甘い系のリキッドを薄めに味わうのが好きなのだが、
長女(主人格)は「最上(Mikasa)があればいい…」となぜか酔っ払っている。
四女(別の副人格)はマルマン時代、頭脳労働の合間に付属のミント味を吸っていた。

逆に、末っ子格は「The Virus」の残り香に強い拒否反応を示していた。
あの濃縮されたシナモン感がダメらしい。
三女格は特に興味はないようである。


現時点、電子タバコを好んで吸うのは長女(主人格)と私(カタシロ)の2人のみ。
特に長女が「最上」を愛飲し、まさに高級ウィスキーをちびちび楽しむかのような
恍惚とした表情で吸っている ので、現在アトマイザーごと貸し出し中である。

義兄が何かを予知したかのように長女用のアトマイザーを注文してくれていたので、
私は到着までの残り数日間を耐えればいい。というか見ていて楽しい

しかしこれは「最上」リピート確定に他ならない。
つまり、Dish'er's 様から注文し続けるというわけで、
すなわち我が家にもいつか ナパームが着弾するということ である。

着弾したからにはレビューせねばならんだろう。

もうこうなったら、気管支が死なないことだけを祈るしかない。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/09/15 Tue. 22:48 [edit]

category: 自己紹介・身の上

tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

絆(Vaperリンク)

検索フォーム

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。